Forevision
encode

RFID発行システム

大量のRFID発行が可能です

RFID大量発行時は欠かせないアプリケーション

EPCコードをCSV等から読み込み、RFIDに大量に書き込むためのアプリケーションです。

RFIDの書き込みで困っていませんか?

データベースからの読み出しや、データ変換等を実現して、簡単に書き込みができるようになります。

RFID運用を追加するときには、すでにあるバーコードやデータベースを活用して、徐々にRFIDを運用していく必要があり、その際に、RFIDの大量発行が必要になる場合もあります。

そのような場合は、既存システムの接続も含めて、すでに運用を実施している弊社にご相談ください。

また発行時に別のタグに書き込んだり、書き込みチェックを行わないため、間違ったデータを書くことがよくあります。

弊社システムでは、書き込み時にチェックを行うため、間違ったデータを書きません。

主な機能

さまざまなデータを専用の機械で発行したり、手で書き込みを行ったり、ハンディタイプのリーダーで書き込んだりできます。

一枚一枚きちんと書き込むための発行用専用アンテナ

インポート(csv,xlsx)

CSVやエクセルファイルから、タグに書き込むデータをシステムにインポート可能です。

既存システムから、データを取り出して、システムに投入することができます。

書き込み状況表示

書き込み状況を画面に表示します。

タグそれぞれに対して、どこまで書き込んだかが、エラーとなったか?状況を確認できます。

二重書き込み禁止機能

手で書き込みしている時に、起こりがちなのが、同じタグデータを二枚発行してしまうミス

書き込み時に今まで書いたデータと一致しているものがあったら、エラーを表示します。

書き込みエラー防止機能

RFIDに書き込んだつもりでも、実際は書けていない時や、間違って書き込んでしまうことが、往々にしてあります。

書き込み後に、再度読みとって、データを確認することにより、書き込みエラーを防止します。

データ形式を変更可能

インポートするデータをASCII形式や、16進形式などに、変更することができます。

別途インポート用の専用ツール等も作成することができ、さまざまな発行スタイルに対応します。

RFIDのロック可能

RFIDのロックフラグや、パスワード等の書き込みに対応。

設定画面で設定するだけで、さまざまなフラグ設定が可能です。

書込専用治具対応

発行時に一番大切なのは、隣にある別のタグに書く可能性が高いので、それを防ぐということです。

書込専用治具を使用することで、確実に一つのタグだけ書き込むことが可能です。

また、ソフトウエア側で、二枚のタグを検知するとエラーとなるような設計になっています。

ラベラー接続可能

RFIDと同時にそれのラベルを作成するということがよくあります。

市販のラベル印刷機にラベルを印刷して、タグを発行することも可能です。

書き込み一括検査対応

書き込み後に、一括で読み取りを行い、データの確認を行うことができます。

書き込み後の確認ができるため、書き込みエラーや、未発行を防止することができます。

QR,バーコード対応

QRコードバーコードを読み込んで、RFIDタグを書き込むことも可能です。

この場合、元データを確認しながら、タグの発行するような形も可能です。